<< 薪ストーブの製作開始 | main | 葉っぱのフェンス >>
2011.08.27 Saturday

現場製作2

0
    CA3F01210001.jpg
    ナメていたのがアーク溶接…
    普段はTig溶接なので 前日に練習して行きました

    数回練習したらまずまずのハシリになったので ヨシ!
    …と思い臨んだ本番

    経験不足と想像力の無さが招いた悲劇…

    笠木と柱を溶接する時はトーチの先を上に向けなければいけないので
    スパッタ(バチバチッとなる火花)を手や手首に浴びる浴びる…

    私は手が小さいので
    牛革の手袋(多分男性用しか売ってないのでは!?)はブカブカで好きではなく
    いつも軍手を二枚重ねでしています

    Tigはスパッタが出ない為 いつも通りの軍手しか用意してなかったので
    軍手が焦げて火傷してしまいました(泣)

    修行が足りませんなァ…(凹)


    最終的にはキレイに収まり 施主様も喜んで下さいました

    沢山のお土産まで頂き
    本当にありがとうございました
    また感動してしまいました

    そして仕上がった写メをウッカリ撮り忘れて帰宅してしまったのでした…
    コメント
    慣れてないとアークは、難しいです。
    上向きは、特に!少し電流を落としたり、はしり方を変えたり、溶接棒を細くしたり…。溶かしすぎるとビードが、「でろ〜ん」となるし(泣)
    手袋は、豚の革手袋(消防士さんが使ってる。わかるかな?)を使うと多少はマシ。LLサイズやと軍手の上からできるかも?(注:保障はしません)
    で、仕上がりの写真が無? 流石mu…じゃなく残念!
    と、前記事にも写っていた麦藁帽子が、少し気になる。
    • のり
    • 2011.08.28 Sunday 01:05
    のりさん コメント&アドバイスありがとうございます
    溶か棒と特に電流の調節は後半になってから分かってきました
    分かりかけた頃に終えなければならないのが悔しかったです
    また場数踏んで「まかしとき〜!」って言えるよう頑張ります
    消防士さんの豚革の手袋は知りませんでした 
    専門的なものをご存知ですね!(驚)

    麦藁帽は以前現場で熱中症になりかけたので持参しました

    • muroro
    • 2011.08.29 Monday 12:17
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    PLUS1 LIVING (プラスワン リビング) 2006年 10月号 [雑誌]
    PLUS1 LIVING (プラスワン リビング) 2006年 10月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

    うちの広告がある雑誌です。小さいので全然目立たなかった。残念。でもお客様からの問い合わせはあったので良かった。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM