2011.08.13 Saturday

前準備3

0

    高低差つけました
    2011.08.13 Saturday

    前準備2

    0
      CA3I0029.jpg
      今回のデカR微妙加工は
      FB9*32の約3m程度をR1500に曲げます

      とりあえず曲げましたが
      デコボコして平らになってないので
      これから直します

      高低差が約1000あるスロープに付けるので
      平らにした後その高低差を作っていきます


      余談ですが 今日の弁当が鮭カマ弁だったので
      ずっと海の匂いがする中 作業しています
      2011.08.12 Friday

      帰ってきました

      0
        110811_1950~01.jpg
        竹の門扉が塗装から帰って来ました

        「今日中にできるのかっ!?」
        からドロップアウトしてましたが

        実は次の日にバテバテになりながら完成させ
        写メを撮る余裕もなく塗装会社さんへ…

        大物になる毎にご迷惑をおかけし 学習しない私たちに根気良くお付き合い下さる 塗装会社さん

        本当に足を向けて寝られません

        いつもいつもお世話になっております

        2011.08.11 Thursday

        前準備

        0
          110811_1918~01.jpg
          お盆明けに名古屋へ現場加工有りの施工に行きます

          その為のパーツ作りをしてます

          車椅子用のスロープに 手すりとちょっとした門扉を付けます

          笠木は斜面に合わせて三次Rになるので
          現場で万力やらバーナーやら使って 曲げて行く予定です
          2011.08.08 Monday

          今日中にできるのかっ!?

          0
            CA3F0012.jpg
            本来なら塗装屋さんにだしていなければいけない今日……まだ製作してます(汗)

            休日返上で昨日もやってたのに、予想以上に竹の葉の製作に手間取ってしまい、この有り様(T_T)

            ヤバいなあ〜


            しかし、予想以上に立派な門扉ができていることは、嬉しい。

            デザインって、製作技術の難易度とは別物です。
            作り易くても作りにくくても良いデザインは、良いものになる。

            苦労して作っても、良くないデザインだと、出来映えも落ちてしまう。

            デザインって難しい。
            そんな話しより、塗装屋さんから、「まだこないんですか〜?」って電話くるのが気になる。

            2011.08.07 Sunday

            竹の門扉6

            0
              CA3I0028.jpg
              枠の中に配置される葉っぱ達が 続々と出来上がってきています

              t3.2の葉っぱにΦ13の茎なので 片面(親子門扉の大の方)2〜30坩未砲呂覆蠅修Δ任
              2011.08.06 Saturday

              竹の門扉5

              0
                CA3I0026.jpg
                枠が出来ました

                私の体調不良やら配慮に欠ける怪我のせいで 1日分のロス…(泣)

                後悔しても仕方ないので 作業するのみです

                …と言っても明日には完成させなければなりません

                何としても間に合わせなければ!!
                2011.08.06 Saturday

                鉄竹門扉のハンドル

                0
                  110806_1116~01.jpg
                  ハンドルってなかなか難しい。
                  全体でみると小さなパーツなんですが、直接手が触れる部分だし、可動するから細かい作業が必要になります。

                  でも、ここで手間かけすぎると、価格にモロに響くので、なるべく簡単に作りたい。
                  だからといって市販のハンドル使うと、鍛鉄の風合いと異なり過ぎて合わない。

                  なので、毎回悩みます。どうやれば、はやく作れて、キレイにできるかなぁ。
                  基本的には図面で決めてはいるんですが、実際に作るときにはやっぱり悩んじゃう。

                  製作してるときって、だいたいこうやって頭のなかがグルグルしてます。
                  2011.08.02 Tuesday

                  竹の門扉4

                  0
                    CA3I0020.jpg
                    葉脈を刻印して エッジをなめらかに削り
                    その後焼いて叩いて曲げました
                    2011.08.01 Monday

                    竹の門扉3

                    0
                      CA3I0018.jpg
                      今度は葉の部分にとりかかります

                      葉っぱ物の装具はよく作るのですが
                      少量の場合はエアープラズマで
                      大量の場合はレーザーカットを外注します

                      今回のは67枚(内2枚は予備)あり迷いましたが
                      納期急ぎ目なのでレーザーのを使用しました


                      活き活きと有機的な感じになるよう
                      真ん中に筋をタガネで刻印して 立体的にしていきます
                      Calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Recommend
                      PLUS1 LIVING (プラスワン リビング) 2006年 10月号 [雑誌]
                      PLUS1 LIVING (プラスワン リビング) 2006年 10月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

                      うちの広告がある雑誌です。小さいので全然目立たなかった。残念。でもお客様からの問い合わせはあったので良かった。
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM